籠目堂’s blog

籠目堂 Shaeron(シャエロン)とRahy(ラーイ)のブログです。

【パートナーと繋がるエクスタシーと自分と繋がるエクスタシー】

Rahy

 

わたしは、パートナーのKeyさんと繋がってから、会っていなくても想い合うだけで、ほんわかと気持ちいいエネルギーがわたしを包み込み、エクスタシーを感じます。

 


エクスタシーと言っても、

『あ~ん❤️』って感じじゃなく(笑)壮大な安心感の海にゆらゆら漂ってる感じ。

 

そして子宮とハートの辺りがほんわかと気持ちよくなる。

 

 

 

 

 

 


あともう一つ、同じようにエクスタシーを感じる時があります。

 

 

 

 


それは、

 

 

 

自分自身と繋がってる時。

 

 

 

 

 

自分の奥底からの欲求を実践している時

 

f:id:kagomedo:20190720142052j:image

 

 

 


自分の心地よい環境で過ごしてる時

 

f:id:kagomedo:20190720142034j:image

 

f:id:kagomedo:20190720142252j:image

 

 

 


自然と触れ合った時に自然を介して自分の中心と繋がった時。

 

f:id:kagomedo:20190720141937j:image


f:id:kagomedo:20190720142018j:image

 

f:id:kagomedo:20190720142533j:image

 

 

 

 


そんな時にも、ほんわかと気持ちがいいエネルギーがわたしを包み込みます。

 


なんの不安もなく、全て大丈夫だと思える。

 


このエクスタシーと共に感じる幸福感は、

『天国』に近い感じがします。

 

 

それは、大きな愛の海に漂う感じ。

 

 

 


服を作ってる時もこのエクスタシーを感じます。

 

f:id:kagomedo:20190720142134j:image

 

 

 

 

このエクスタシーを感じれるようになったのは、

自分の気持ちと向き合い、自分に不要なものを手放し、本当は自分はどうしたいのかを感じとるようになってからです。

 

 

 

それが毎日を丁寧に生きるということなんだと思います。

 

 

 

大地とともに。

 

宇宙とともに。

 

愛とともに。

 

 

 

✴︎茜染シルクロングドレス✴︎

【purity dot】から新作が出ました✨

 

f:id:kagomedo:20190705223415j:image

 

インドシルクを茜で染めたロングドレス。

 

縦長なラインで、歩く姿がとても美しく優雅になります。

 

f:id:kagomedo:20190705223808j:image
f:id:kagomedo:20190705223816j:image
f:id:kagomedo:20190705223812j:image
f:id:kagomedo:20190705223821j:image

 

一点ものです。

 

 

こちらは、素敵な女性のところに嫁ぐことが決まりました。

 

ありがとうございました😊✨

 

今後ともお楽しみに✴︎

【藍染結びトップス】

【purity dot】から新作が出ました✨

 

 

藍染巻きスカート』に引き続き、

藍染結びトップス』が誕生しました。

 

 

f:id:kagomedo:20190703192103j:image

 

これは是非上下で纏って欲しいです。

 

 

 

首と腰で結ぶだけのトップス。

 

 

 

ネジネジしたりホルターネックにしたりワンショルダーにしたり、色んなアレンジが楽しめます。

 

f:id:kagomedo:20190703192219j:image
f:id:kagomedo:20190703192216j:image
f:id:kagomedo:20190703192211j:image
f:id:kagomedo:20190703192222j:image
f:id:kagomedo:20190703192231j:image
f:id:kagomedo:20190703192227j:image

 

胸元にボリュームが出るので是非ノーブラで纏ってみてください。

 

 

 

 

染め:藍染

 

素材:綿100%

 

サイズ:フリー (約99cm×約120cm)

 

price:7,700

 

 

購入希望の方は、こちらから購入ください。

https://kagomedo.official.ec/items/21711013

ホタル祭りに出店します♪

明日はホタル祭り。

 

蘇芳染めシリーズで出店します。

 

今回は、キッズとレディースとメンズのトップスです。

 

f:id:kagomedo:20190621223924j:image

 

 

茜染めの布ナプキン・ライナー

【女神シート】

も用意しました。

 

f:id:kagomedo:20190622105813j:image

 

お楽しみに♡


f:id:kagomedo:20190621223920j:image

 

 

ホタルマーケットは、16:30〜18:30までです✨

f:id:kagomedo:20190622105851j:image

のんびリトリートやりまーす✨

✨のんびリトリート@長野市里山✨やりまーす♪

 

f:id:kagomedo:20190617172741j:image

 

 

 

人は自然の分身です🌿

 

 

自然の中でのんびりするだけで、自分の中心と繋がれる🌿

 

 

 

ってことで、
長野市里山にある我が家
“籠目堂” で、のんびり〜なリトリートを開催します✨

 

 

 

のんびり案内人は、わたくしと つじ まゆみ ちゃんです♪

 

f:id:kagomedo:20190617172713j:image

 

 

日程は、6/22(土)〜6/24(月)の2泊3日✨

日帰りでも1泊でもOK♪

 

 

のんびり〜と自然を感じてもらいたいので、スケジュールはその時の流れで決めます♪

 

 

 

草木染めをしたり

f:id:kagomedo:20190617172951j:image
f:id:kagomedo:20190617172957j:image

 

畑で土と戯れたり

f:id:kagomedo:20190617173045j:image

 

精麻でより紐をよったり

f:id:kagomedo:20190617173105j:image

 

温泉に入ったり

f:id:kagomedo:20190617173134j:image

 

 

山に登ったり

f:id:kagomedo:20190617173152j:image

 

 

川や滝を見に行ったり

f:id:kagomedo:20190617173253j:image
f:id:kagomedo:20190617173246j:image

 

神社に行ったり

f:id:kagomedo:20190617173331j:image

 

美味しいお蕎麦を食べに行ったり

f:id:kagomedo:20190617173346j:image

 

お昼寝したり

f:id:kagomedo:20190617173507j:image

 

壁に漆喰塗ったり

f:id:kagomedo:20190617173426j:image

 

星を見たり

、、、

 

 

今の時期はちょうどホタルが観れますよ〜✨

 

f:id:kagomedo:20190617172835j:image

 

参加費は、自由料金です✨

 

(長野までの交通費・外食費・お酒代・温泉代・雑費は自費です。)

 

 

 

 

是非、自然と繋がりに来てください〜💕

 

 

 

 

 

✴︎✴︎✴︎✴︎詳細✴︎✴︎✴︎✴︎

 

 

【日時】
6/22(土)午前中〜6/24(月)夕方

 

 

【会場】
籠目堂
長野県長野市信更町

 

 

【集合場所】

車の場合、住所を送りますので現地までお願いします。

 

電車の場合、篠ノ井駅または稲荷山駅まで来ていただければ迎えにいきます。

 

高速バスの場合、屋代バス停で降りてすぐにある『あんずの里 物産館』までお願いします。

 

大体の到着予定時間を教えてください。

 

【参加費】
自由料金
(長野までの交通費・外食費・お酒代・温泉代・雑費は自費です。)

 

 

【持ち物】
宿泊セット
温泉用のタオル
現金
その他、自分が必要だと思うもの

 

 

【主催者紹介】

 

〜美紀〜
2018年の夏に、東京から長野市里山に移住しました。
刀鍛冶のパートナーと子ども2人で暮らしています。
草木染めした生地で、服や下着、小物などを作っています。
パートナーとエネルギーワークもしています。
自然と共に生きると、ココロもカラダも豊かになることを実感しました。
家の蔵を改装して、カフェや多目的スペースを計画中。

 

✨開業届出してきました✨

Rahyです。

 

 

今日は、開業届提出してきました✨

 

 

 

 

ブランド名は、

 

 

【purity dot 〜ピュアティドット〜】

 

 

purity = 丸、無垢、純白、純潔

 

dot = 点

 

丸の中に点。

 

純真無垢の丸の中に、自分軸の点をイメージしました。

 

 

 

身につける人が自分らしく輝けるように✨

 

 

 

自然のエネルギーと愛と一緒にお届けします💕

 

 

 

どうぞよろしくお願いします✨

 

f:id:kagomedo:20190617163820j:image

 

 

藍染巻きスカート(M)】

https://kagomedo.official.ec/items/19522534

 

藍染巻きスカート(L)】

https://kagomedo.official.ec/items/20029561

 

【茜染め布ナプキン・ライナー】

https://kagomedo.official.ec/items/19690144

一歩先への旅

前回のブログでお話しした、10年程前に書いた統合の物語です。

時が来たので開示します。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

   一歩先への旅

 

 少年は壁に囲まれた世界に住んでいました。その壁は透き通っていて、壁越しに外の世界が見えます。そこは窮屈ということもなく、居心地の悪いものでもありませんでした。その壁は、少年が失ってはいけない〝何か〟を守ってくれていました。その〝何か〟を損なうようなものは、それ自体が良いものであれ、悪いものであれ、遠ざけてしまう壁でした。

 その世界には、言葉というものがありませんでした。

 私達が頭の中で何かを考える時、たいていは頭の中で言葉を話します。でも、少年の住む世界には、その〝心の声〟が発せられる一瞬前の〝響き〟しかありませんでした。

 それはある意味では、より純粋な声ではあるものの、一度〝言葉〟を知ってしまうとなかなか聞こえないものです。ただ、〝言葉〟が存在する時、その根元に必ずその〝響き〟は隠されています。

 

 ある日、突然やって来たその日、扉は開かれました。ただ壁に囲まれただけだったその世界に、その日は開いた扉がありました。

 少年は扉を見ました。そしてその扉から流れ込んでくる風の〝響き〟を聴きました。

 それは、春の風のように温かく、優しい風でした。

 少年は初めて風に触れました。

 そして、今まで壁越しに見てきた外の世界の、その本当の輝きを知りました。

 だから少年は壁の外へと旅立ちました。広い世界へと。

 

 外の世界は広く、温かさもあり、冷たさもありました。

 外へ出て振り返ってみると、扉があったはずの場所には一つの〝器〟がありました。それは握りこぶしくらいの大きさで、どんぐりのような形をしています。そしてその中には液体のようで、気体のようでもある不思議な何かが入っていました。

 少年は、その器を、荷物の入った袋に入れて持って歩くことにしました。

 少年は、あの日触れた風を、あの感触を探していました。

 少年には、言葉が必要になりました。外の世界で誰かに何かを伝えるためには、言葉が必要でした。

 

「温かい風を知っていますか?」

 少年がそう尋ねると、誰もが知っているよと答え、その風について詳しく教えてくれました。でも、少年はもどかしく思いました。どの人が教えてくれる風も確かに素晴らしいもので、少年が口にした〝温かい風〟という言葉には違いありませんでしたが、その言葉の根元にある響きが示す〝温かい風〟とは違うものだったからです。

 少年は、同じ言葉でも人それぞれに色々な感じ方があり、その根元にある〝響き〟が示す事柄がうまく伝わるとは限らないということを知りました。

そこで、少年は直接風に話しかけることにしました。

「あなたはどこにいるのですか?」

 ふと、空を見上げました。空はキラキラと輝いていました。

そして、風が吹いてきました。あの風のように感じられましたが、もしかしたら違うかもしれないと、少年は自信がありませんでした。

少年の荷物の中では、器の中身が波立っていました。光り輝きながら・・・

 

 少年は夢を見ていました。

 少年は、大きな大きなガラス窓の前に、妹と二人で立っていました。外はとても暗く、少年はそのガラスに映った自分の姿を、一瞬、目の端で捉えました。

「いやーー!」

 ガラスを覗き込んでいた妹は、その窓から目を背け、パッと後ろに飛びのけました。

「この窓にはね、覗き込んだ人が一番怖いもの、心の底で一番恐れているものが見えるらしいの。私には物凄い化け物が見えた。」

と震えながら話してくれました。

 少年はもう一度ガラスを覗き込みました。自分がガラスの向こうから覗き返しています。一瞬、自分には怖いものが無いのかと思いましたが、自分自身の臆病さを知っていた少年は、そんなはずはないと思い、もう一度よく見てみました。

 ガラスの中の自分と目が合いました。何か違和感があります。次の瞬間、心臓が二拍、凍りつきました。少年が本当に恐れているもの、それは自分自身でした。少年が、自分の外側にいるどんな敵よりも恐れているものは、自分自身の内側にある〝弱さ〟、そしてその〝弱さ〟がこの世界にあるとても貴い何かを壊してしまうことでした。

 それでも、平静を装って妹にはこう言いました。

「僕には何も見えないよ。」

 

しばらくたったある日、少年は風に触れながら歩いていました。あの〝温かい風〟にです。

空には〝響き〟のような〝光〟が満ちていました。そして少年は気付きました。この風もどこかで生まれたものであることに。

少年は、その風の源泉に向かって歩き始めていました。

少年は歩いている途中で、この風に癒されている人々が大勢いることを知りました。この風を愛している人がたくさんいることも知りました。

少年は微笑みながら歩き続けました。優しい風とともに、大事な器とともに、そして恐れようと拒もうと離れることの出来ない自分自身とともに。

 

少年はついに風の源泉にたどり着きました。空、そして風に導かれて。

 そこは美しい湖でした。

 その湖の中心には、その湖の水と同じくらい澄んだ瞳をした〝湖の精〟が立っていました。

 風は、あの優しく温かい風は〝湖の精〟が奏でる歌声でした。

 少年は、もっと近くでその歌声を聴きたいと思いました。でも、そのためには湖に足を踏み入れなければなりません。

湖のほとりに立っていた少年は、求めるものの目の前に立っていながら、あと一歩が踏み出せませんでした。今までずっと歩いて旅をしてきたにもかかわらず、そのたった一歩が踏み出せませんでした。

少年は、どんなに離れた場所に行くよりも、遠い一歩があることを知りました。そして少年は思いました。

「この心に触れることの出来るただ一つの風を、その心で触れたいと思えるただ一つの温もりを見失ってしまうのが恐い。この空の輝きを感じていたい。」と。

 

 少年はまた旅に出ることにしました。湖に入ることの出来る清らかさと、遥かな一歩を踏み出せる強さを得るために。

 少年は湖の精への感謝の気持ちを胸に、歩き始めました。

 湖の精は歌いました。

 その歌声は温かい風となって少年の背中に吹きつけました。

 

 少年は自分を変えようと思っていました。その先に、あの湖への道があると思っていました。

 夢の中で見た自分自身のことを、少年は嫌っていました。でも嫌えば嫌う程、追い出そうとすれば追い出そうとする程、心の中が彼の色に染まっていきました。

 やがて少年は道に迷ってしまいました。

少年は今までは、そこを歩いている人は少ないものの、一見平凡で普通な道を歩いて旅をしていました。しかし今度の旅では自分を変えたいと思っていたので、見るからに険しい山道や、大勢の人があふれかえっている道を選んで歩くことにしていました。

少年の目には空の輝きが映らなくなっていました。そして、器の中身もいつしか輝きを失っていました。

少年は疲れ果てていました。

まどろむ意識とともに、少年は、あの〝器〟の中へと吸い込まれていきました。

 

耳の奥に〝響き〟が漂っていました。少年は〝響き〟の世界の中にいました。それは自分が元いた世界だったのですが、少年の目には全く違う世界に映りました。

変わったのは世界ではなく、その世界を眺めている少年の方でした。

そこには、あの日ガラスに映っていた、〝もう一人の少年〟の姿がありました。その姿をじっと見つめながら、少年は、より細かな響きを感じました。

ひらめきと呼ぶにはあまりに静かで、でも、確かな感触のある響きでした。

少年の目には、一見平凡な道、昔歩いていた道が見えてきました。ただ、いつもと違ったのは、その道が遥か先まで続いているのが見えたことでした。

それを見て、少年は、今まで自分がその道のすぐ目の前しか見ていなかったことに、そしてその道を歩き続けるべきであったことに気付きました。

それは、その道を歩くのが楽だからではありません。一見平凡で普通なその道の真ん中を、真っ直ぐに、どこまでも歩き続けていくことの本当の難しさに気付いたからです。

自分の求めているものは、峻険な山道の先でも雑踏の彼方でもなく、そんな一見平凡な道を、その中にある本当に大切なものを出来るだけ繊細にすくい取りながら歩いていく、その先にこそあるということが、どこからともなく少年の心の中に響いてきたのでした。

その時、〝もう一人の少年〟は、少年自身でした。

その世界には、ただ一人、少年だけがいました。

 

少年は、いつの間にか外の世界に戻っていました。そこは暗い森の中でした。

ふと背中に温かさを感じ、ぼやけた視線を後ろに向けました。

少年は、白く輝く翼に包まれていました。

そして、眩いばかりの白い輝きと、その胸の中にまで入り込んでくるような温もりを感じた少年は、再びまどろみ始めました。

 

少年は瞼の向こうに温もりを感じて、目を開きました。その瞳に映ったのは、微笑むような空の輝きでした。

 体を起こすと、その下に敷き詰められていた、輝くように白い羽根が、風に舞い上がりました。そして、目の前には、澄んだ水を湛えた湖がありました。

 少年は、おもむろに湖の方へと歩いて行くと、〝器〟を取り出し、その中身を湖に注ぎ入れました。

 すると、注ぎ終えると同時に、〝器〟が、まるで風に溶け込むように消えてしまいました。

 湖の中央、いつも湖の精の姿があったその場所には、その時、誰の姿も見えませんでした。

 それでも少年は、一歩を踏み出しました。その水面へと。

 突然、誰かが少年の手を掴みました。その手は温かく、でも震えていました。

 すぐ横に湖の精が立っていました。

 少年は、なぜか、その震えの理由を前から知っていたような気がしました。湖の精は、初めてその足で大地を踏みしめていました。

 少年は、彼女の手を強く握りました。そして目の前に広がる平原へと一歩を踏み出しました。

 澄んだ湖の水が、そよぐ風とともにキラキラと輝いていました。