籠目堂’s blog

籠目堂 Shaeron(シャエロン)とRahy(ラーイ)のブログです。

② 仙骨浄化とエクスタシー

こんにちは。

 

Rahyこと、美紀です。

 

 

① 仙骨浄化とエクスタシーの続きです。

 

 

 

仙骨役割は、

肉体面、精神面、魂、さらには前世の記憶なども封印されているらしく

 

別名パンドラの箱

 

とも呼ばれているらしいです。

 

 

仙骨先生のお話の中で、

施術中に前世の記憶が呼び起こされることがあるというお話がありました。

 

患者さんの身体が勝手に刀を抜き取る動作をしたり、

何もしてないのに、身体にミミズ腫れのような模様(前世の時についた傷)が浮かんだり。。。

 

仙骨ってすごいですね。

 

 

日本では昔

『神骨』

と呼ばれていたらしいです。

 

西洋では

『聖なる骨』

と呼ばれているぐらい神秘的な骨です。

 

 

こちらの仙骨先生を紹介してくれた下野さんのブログにも

仙骨について面白いことが書いてありますよ〜。

仙骨の怪しい話

 

 

 

仙骨の施術をしてから、コーヒーはおろか

大好きなチャイ(紅茶)まで飲めなくなってしまいました(T-T)

 

最近では、チャールズ皇太子が飲んでいると言われている高級ハーブティも

飲んだ瞬間クラクラしてきて、

後々調べたら烏龍茶が入ってた。。。

 

今なら私、カフェイン探知機として使えます(笑)

 

 

まぁ、なんだかんだカフェインレス生活を快適に過ごしていたら

Keyさんが新たなエネルギーワークを生み出しました!

 

 

名付けて

仙骨活性エネルギーワーク(仮)』

 

 

早速やってもらったところ

前世の記憶かわかりませんが、生き埋めにされた記憶みたいなものが感じられました。

 

わたし、昔から生き埋めに対して強い恐れがあったり、

狭いところに入ると不安になって息苦しくなることがあったんです。

 

その記憶みたいなものを感じたので、

『怖かったねー』

と自分に話しかけました。

 

そしたら白い光が広がり、その記憶が浄化されていくように感じました。

 

 

 

翌日、Keyさんに同じエネルギーワークをやってもらったら

今度は仙骨あたりが細かく震え出しました。

 

そして、いつも反応が弱い第一チャクラ(会陰辺り)と第二チャクラ(子宮)が

活性化したように感じました。

 

 

そしてここからが話の本番(笑)

 

最近、膣で吸い上げる練習や、膣を自在に動かす練習をしてるんです(笑)

 

 

今までは、力が抜けて死んだような状態になり(身体も動かなくなり息も止まる)、天国にいるような感覚のエクスタシーだったのですよ。

 

この時は割りかし上半身にエネルギーが回っているようなエクスタシーでした。

 

天とは繋がってる感じだったんです。

 

 

でも最近また流れが変わって、その方法でのエクスタシーが薄れてきました。

 

 

2人の中でよくあるんですが、

ある程度いいところまでいったら

 

『はい、次のステージの最初からまたスタートねー』

 

みたいな(笑)

 

だから今までのやり方だと反応が薄い。

 

 

最近の流れだと、わたしが不得意な第一チャクラからエネルギーを吸い上げて回す感じなんだろうと思い、だから吸い上げる練習を始めたわけです(笑)

 

吸い上げ特訓をしながらのまぐあい。

 

これがとてもいい感じで、また次なるステージのエクスタシーを感じております。

 

 

仙骨が浄化されると宇宙からのエネルギーも受け取りやすくなり、

そのため仙骨のバイブレーションが高まり、エクスタシーも高まる。

 

そして、より自分の核心に近づいていく感じです。

 

 

そんなKeyさんの『仙骨活性エネルギーワーク』は近日受付開始するのでまたお知らせしますね♪

 

 

f:id:kagomedo:20191112164131j:plain

 

 

全てのことに感謝です。

 

ありがたやー。

 

① 仙骨浄化とエクスタシー

こんにちは。

 

Rahyこと、美紀です。

 

 

先日、静岡県の浜松まで逢いたい人に逢いに行きました。

 

とっても素敵な時間を過ごさせてもらいました♡

 

ありがとうございました☺︎

 

f:id:kagomedo:20191112101619j:plain

 

 

そしたら、八王子にある仙骨先生のところに行くスケジュールがスルスル〜っと決まりました。

 

 

以前から、下野さんに話を聞いていて気になっていた仙骨先生

 

人生が大きく変わる(悪い出来事だと思うことも好転反応だ)と聞いていたので

ちょっと躊躇していました。。。´д` ;

 

しかし、

今回の旅であまりにもスムーズな流れに

施術を受けるタイミングが来たんだろうなと思い、

導かれるまま仙骨先生のところに行きました。

 

 

診療所は駅近くのビルの中にありました。

 

オートロック式なので、エントランスで部屋番号を押してインターホンを鳴らす。

 

ドキドキしながら応答を待つと、無言で自動ドアが解錠。

 

ここからでもただならぬ雰囲気(笑)

 

 

エレベーターに乗り、部屋番号を探して部屋に入る。

 

今回、仙骨先生の予約を繋げてくれた方と合流し待合室で待つ。

 

しばらくすると奥の部屋から、

 

チ〜〜〜〜〜〜〜〜ン

 

コ〜〜〜〜〜〜〜〜ン

 

ポ〜〜〜〜〜〜〜〜ン

 

と色んな音が聞こえてきました。

 

 

どんな施術なんだろうとワクワクしながら問診票を書いて待っていました。

 

そしてしばらくして自分達の順番が回ってきました。

 

 

一度の施術に3人まで一緒にできるので、静岡の方とそのお子さんと私で奥の部屋に行きました。

 

Keyさんも受ける気でいたので、待合室で次の順番を待っていました。

 

 

施術室に入ると、施術用ベット一つと色んな種類の音叉がありました。

 

f:id:kagomedo:20191112105520j:plain

音叉は音で調整をする道具です。

 

 

 

自分の番になり、仙骨先生に言われたようにベッドに左から回り込んでうつ伏せに寝る。

 

そしたら、学校の上ばきみたいな靴を履かせられ、

先生の胸にあるボールペンを腰のあたりでカチカチ鳴らし、何度か咳をコホコホ。

 

次に音叉を鳴らして尾てい骨や背骨、頭に当てる。

 

終わったら、今度は右回りでベッドを降りて椅子に座る。

 

最後に目を瞑り、色んな音叉の音を鳴らして瞑想状態になり終了。

 

不思議な施術ーと思いながら

その後、仙骨先生の説明を聞きました。

 

 

仙骨は、宇宙のエネルギーを受け取る場所。

 

仙骨が調整されるとバイブレーションが高まり自分が生きやすくなる。

 

好転反応は施術を受ける前から始まってる。

『何か最近眠いとか体調悪いとか変化なかった?』と聞かれました。

 

そう、、、最近著しく変化したことがありました。

 

あれだけ好きだったコーヒーが、飲むと必ず動悸がして具合が悪くなるのです。

 

 

刺激性嗜好物は荒い波動を持っているらしく、

仙骨バイブレーションが高まると、自然と身体に合わなくなり

離れていくとのことでした。

 

施術前からそれってすごいー。(´⊙ω⊙`)

 

 

一通り説明してもらったら、昔のニューヨーク新聞の記者のようにw

タイプライターをガシャガシャガシャんと打って終了。

 

その後、静岡の方は用事で先に帰り、わたしはそのままKeyさんの順番を待っていました。

 

 

待合室の人全員が施術を終え、いよいよKeyさんの番かと思ったら

全然呼ばれない。

 

そういえば、Keyさん問診票ももらってない。

 

もしかして、、、と思っていたら仙骨先生が待合室にいる私たちに気づいて

 

『アンタ誰?!』

 

と驚かれた(笑)

 

どうやら、Keyさんも受けれると思っていたが違ったらしい(笑)

 

しょうがないと言って施術してくれました(笑)

 

優しい!!!!!

 

そしてありがたく2人とも施術を受けれて帰りました。

 

 

つづく。

man in the mirror

今日は安曇野へ大西つねきさんのお話会に行きました。

 

 

学校では教えてくれないお金の仕組み。

 

生きるためにお金は必要とされているのに、お金について教えてくれる人はいませんでした。

 

ただ働いてお金を稼いで生活するというのが当たり前。

 

でも、そのお金の本質を知らずに今まで生きてきました。

 

今回大西つねきさんのお話を聞いてとても勉強になりました。

 

 

f:id:kagomedo:20191110001114j:plain

f:id:kagomedo:20191110001136j:plain

f:id:kagomedo:20191110001145j:plain

f:id:kagomedo:20191110001246j:plain

f:id:kagomedo:20191110001356j:plain

f:id:kagomedo:20191110001405j:plain

f:id:kagomedo:20191110001413j:plain




3時間という長時間の内容だったので全て頭に入ってませんが

 

最後につねきさんが伝えてくれたこと

 

世界を変える=自分を変える

 

という言葉はとても深く胸に刻まれました。

 

 

最後に、マイケルジャクソンの【 Man in the mirror 】が流れてお話会が終わり、

 

とても良い時間を過ごさせていただきました。

 

 

いい曲なので和訳も載せておきます。

 

【 Man In The mirror - Michael Jackson

 

I'm gonna make a change, for once in my life

変えてみよう 一生に一度

It's gonna feel real good,

変えられたらきっと気分がいい

Gonna make a difference,

とても重要なことだろう

Gonna make it right...

間違ってはいない…


As I, turn up the collar on

僕はお気に入りの

my favourite winter coat

コートの襟を立てて歩いても

This wind is blowing my mind

心の中に風が吹く

I see the kids in the streets,

道には子どもたち

with not enough to eat

十分に食べられない子どもたち

Who am I, to be blind

僕は一体誰なんだ、子供たちの懇願を

Pretending not to see their needs

見て見ぬ振りをするために盲目者のふりをして


A summer disregard,

夏の日差しの無関心さ

a broken bottle top

壊れたビンの栓

And a one man soul

そして男の魂が一つ

They follow each other on the wind ya' know

この3つが風に乗って互いに追いかけっこしている

'Cause they got nowhere to go

行くあてがないのだから

That's why I want you to know

だから君に分かっていてほしい




I'm starting with the man in the mirror

僕は鏡の中の人として一歩を踏み出す

I'm asking him to change his ways

彼に心を改めるように願いをこめて

And no message could have been any clearer

メッセージは何も明確にならなかったのかも知れない

If you wanna make the world a better place

もしも世界を住みよい場所にしたいと思うのなら

Take a look at yourself, and then make a change

自身を見つめてみなよ。変わるのは自分からだ。

(Na na na, na na na, na na, na nah)




I've been a victim of

僕はわがままな種類の愛の

a selfish kind of love

犠牲者でいた

It's time that I realize

それに僕は気づいたんだ

That there are some

家も、わずかなお金でさえ

with no home, not a nickel to loan

持つことが出来ない人々がいる

Could it be really me,

僕はなんて人間だ

pretending that they're not alone?

彼らが自分は一人ではないと思いこんでいるなんて



A willow deeply scarred,

傷ついて恐れをなす心

somebody's broken heart

誰かの壊れた心と

And a washed-out dream

色のあせた夢

They follow the pattern of the wind ya' see

この3つは風に吹かれ飛ばされる

'Cause they got no place to be

だって行く先もなんだから

That's why I'm starting with me

これが自身と向き合うきっかけとなる




I'm starting with the man in the mirror(Ooh!)

僕は鏡の中の人として一歩を踏み出す

I'm asking him to change his ways(Ooh!)
彼に心を改めるように願いをこめて

And no message could have been any clearer

メッセージは何も明確にならなかったのかも知れない

If you wanna make the world a better place

もしも世界を住みよい場所にしたいと思うのなら

Take a look at yourself, and then make a change

自身を見つめてみなよ。変わるのは自分からだ。



I'm starting with the man in the mirror(Ooh!)

僕は鏡の中の人として一歩を踏み出す

I'm asking him to change his ways(Change his ways - ooh!)

彼に心を改めるように願いをこめて

And no message could have been any clearer

メッセージは何も明確にならなかったのかも知れない

If you wanna make the world a better place

もしも世界を住みよい場所にしたいと思うのなら

Take a look at yourself and then make that..

自身を見つめて、それから…

CHANGE!

変わろう!



I'm starting with the man in the mirror

僕は鏡の中の人と一緒に歩き出す

I'm asking him to change his ways(Better change!)

僕は彼に自身の進むべき道を尋ねる

No message could have been any clearer

だけどもメッセージはまったく聞き取れずにいる


(If you wanna make the world a better place)

(もしも君が世界を住みよい場所にしたいと思うのなら)

(Take a look at yourself and then make the change)

(自身を見つめてみなよ。変わるのは自分からだ。)

(You gotta get it right, while you got the time)

(命ある限り、君が道を正すんだ。)

('Cause when you close your heart)

(だって君が心を閉ざすなら)

You can't close your... your mind!

君が目的を曇らすなんて出来やしない

(Then you close your... mind!)

(君は目的を失うことになる!)





That man, that man, that man, that man

その人と…

With the man in the mirror

鏡の中の人と共に

(Man in the mirror, oh yeah!)

That man, that man, that man,

その人に…

I'm asking him to change his ways(Better change!)

僕は彼に自身の進むべき道を尋ねる

You know... that man

君は…その人を知ってるはずだ

No message could have been any clearer

彼からの伝言はまったく聞き取れずにいる

If you wanna make the world a better place

もしも君が世界を住みよい場所にしたいと思うのなら

Take a look at yourself and then make the change

自身を見つめてみなよ。考えるのはそれからだ。

Hoo! Hoo! Hoo! Hoo! Hoo!

Na na na, na na na, na na, na nah

(Ooooh...)

Oh no, no no...



I'm gonna make a change

僕は歩む道を変えようと思う

It's gonna feel real good!

それはきっと素晴らしいことなんだ!

Come on!

さあ!

(Change...)

(変えよう…)

Just lift yourself

自分を奮い立たせて

You know

君には分かるはずだ

You've got to stop it,

君は問題を受け止めきゃいけない

Yourself!

君自身で!





(Yeah! - Make that change!)

I've got to make that change, today!

僕は今日、歩む道を変えるんだ!

Hoo!

(Man in the mirror)

You got to

君は

You got to not let yourself... brother...

君は自身を…見失わないように

Hoo!

(Yeah! - Make that change!)

You know - I've got to get

僕はついていく

that man, that man...

鏡の中の人に

(Man in the mirror)

You've got to

分かってるね。

You've got to move! Come on!

決心を変えないと!さあ!

Come on!

さあ!

You got to...

今すぐ

Stand up! Stand up! Stand up!

立ち上がって!さあ!

(Yeah! - Make that change)

Stand up and lift yourself, now!

立ち上がって困難を乗り越えるんだ!

(Man in the mirror)

Hoo! Hoo! Hoo!

Aaow!

(Yeah! - Make that change!)

Gonna make that change...

運命を変えるために

come on!

さあ!

You know it!

君なら出来る!

You know it!

君なら出来る!

You know it!

君なら出来る!

You know it...

君なら出来る…



(Change...)

Make that change.

世界を変えるんだ

 

Michael Jackson - Man In The Mirror (YOUTUBE)

 

 

まず自分が、自由に気持ちよく生きていける世界をつくります♪

 

すべては自分から。

 

 

ありがたや。

 

 

⑤ 藍染修行の旅 〜伝統職人〜

 

こんばんは。

 

Rahyこと、美紀です。

 

 

藍染修行の旅から色んなことがハイスピードに進んでいるのでブログが間に合いません(;´д`)

 

思い起こしながら綴っていこうと思います。

 

 

 

 

 

藍染修行中に、藍甕をつくっている大谷焼森陶器さんの窯元で藍甕製作を見せていただきました。

 

 

f:id:kagomedo:20191107194844j:plain

 

色んな甕がずらりと並んでいて圧巻です。

 

 

 

 

 

 

大物の陶器は、寝ロクロ(助手が作業台の下に寝ころび足で蹴ってロクロを回す)という技法で作られます。

 

f:id:kagomedo:20191107203602j:plain

 

 

 

 

こちらは焼く前。

 

f:id:kagomedo:20191107195151j:plain

 

 

 

f:id:kagomedo:20191107204802j:plain

 

 

 

 

この大きな窯で焼きます。

 

f:id:kagomedo:20191107195232j:plain

 

 

 

 

 

そして、美しい艶の藍甕が完成します。

 

 

この藍甕で藍を建てます。

 

f:id:kagomedo:20191107195445j:plain

 

 

 

f:id:kagomedo:20191107204519j:plain

 

 

森社長直々に案内していただきました。

 

f:id:kagomedo:20191107195106j:plain

 

 

 

うちの藍染工房には、森陶器さんの藍甕を使う予定です。

 

 

選ぶのが楽しみです。

 

 

 

 

 

f:id:kagomedo:20191107205157j:plain



職人さんが手で作り上げる姿はとても美しいかったです。

 

 

 

 

そんな職人にわたしもなれるよう日々精進していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

藍甕の中の藍もゆっくりと発酵していきます。

 

 

f:id:kagomedo:20191107220153j:plain

 

 

今まで自分が不得意としていた、

 

地道にコツコツと着実に熟成させる

 

というテーマを藍建てによって見せてもらっているように思います。

 

 

ありがたや。

 

 

 

 

 

つづく。

巡礼記 〜奈良〜・・・その2

龍穴神社から、瞑想会を開催する桜井市に向かう途中で

奈良市にあるショッピングプラザたけよしというショッピングセンターに寄りました。

 

検索していてパワーストーン等がたくさんあるということで

気になったので寄ったのですが、

想像をはるかに超えるくらいたくさんありました。

 

ショッピングセンターの2階がまるまる売り場になっていて、

パワーストーンだけでなく、手書きの曼荼羅や香炉等がたくさんというより大量にありました。

 

興味のある方は行ってみると面白いかもしれません。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

聖林寺さんに到着。

 

瞑想会の会場として使わせて頂いた一室は、

見晴らしもよく素敵な会場でした。

 

瞑想会開始前に御本尊の子安延命地蔵さんと、十一面観音菩薩さんに御挨拶させて頂きました。

 

聖林寺さんはとても素敵な空間でした。

f:id:kagomedo:20191102012409j:plain

 

 

回を重ねる毎にバージョンアップしている陰陽統合瞑想会ですが、

次回は旧暦十月十日の11月6日に長野市での開催です。

 

10:00〜13:00  瞑想会

13:00〜 ランチ

ランチ代込みで6,900円です。

会場の場所はお申し込み後に詳細を送ります。

お申し込み、お問い合わせはこちらからお願い致します。

 

 

 

パートナーシップ 〜その5〜

男性性は正当さを重んじる。

 

女性性は感情を重んじる。

 

という傾向があるように思います。

 

(男性性、女性性の話であり、

男性の中でも女性の中でも

男性性と女性性のバランスは人それぞれなので、

男性だから必ずとか女性だからみんなという話ではありません。)

 

そして、正当さに基づいた判断と感情に基づいた判断は、

自分の判断基準を振りかざしたならば往往にして相容れません。

 

と、ここまでは、まあよく言われている話ですね。

 

で、ここからもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

女性性が重んじる感情にも、男性性が重んじる正当さにも、

深さというか、純度のようなものがあります。

 

“感情に基づいた判断”は純度が高ければ、直感的判断に繋がります。

 

これは大抵、どんな判断より正しいです。

 

しかし純度があまり高くない場合には、

正当さの低いただのわがままになります。

 

 

“正当さに基づいた判断”は純度が高ければ、この世界の法則に則った判断に繋がります。

 

これもまた、間違いのない判断です。

 

しかし純度があまり高くない場合には、

感情を無視した単なる論理的思考の産物になります。

 

 

つまり、“感情に基づいた判断”と“正当さに基づいた判断”は、

どちらも純度が高い場合には切り口が違うだけで、

お互いにそのことを理解し合えば、相容れるのです。

 

しかし、どちらかまたは両方の純度が高くない場合や、

切り口の違いを理解し合わなければ相容れない結果となります。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

パートナーシップにおいて、意見が相容れない場合、

もう一つ原因があります。

 

例えば、正当さに基づいた判断をする男性が

感情に基づいた判断をする女性の判断に腹を立てたとします。

 

なぜ腹を立てるのか?

 

それはその女性の判断が正当さを感じられないものだからなのでしょうか?

 

いいえ、それだけならば、その判断に正当さを感じないというだけで、

腹を立てる必要はないのです。

 

腹が立つのは、その男性が自分自身は正当性に基づいて行動しているつもりなのに、

実は自分自身も正当さを欠いた行動をしていることがあるからです。

 

 

あるいはまた、例えば、感情に基づいた判断をする女性が

正当さに基づいた判断をする男性の判断に腹を立てたとします。

 

なぜ腹を立てるのか?

 

それはその男性の判断が感情への配慮を感じられないものだからなのでしょうか?

 

いいえ、それだけならば、その判断に感情への配慮を感じないというだけで、

腹を立てる必要はないのです。

 

腹が立つのは、その女性が自分自身は感情に基づいて行動しているつもりなのに、

実は自分自身も相手の感情への配慮を欠いた行動をしていることがあるからです。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

パートナーシップにおいて、意見や判断が相容れない場合、

腹を立てたり相手を批判するのではなく、

まずは自分を顧みる必要があります。

 

そうして自分自身の内側で何が起きているのかに気づくことで

相手の判断を尊重する心が生まれ、

さらに、自分自身の判断の深さが深まり、純度も高まってゆきます。

 

そうすると、対極にあることで対立するのではなく、

対極にあることで補い合うことが出来るようになるのです。

 

 

 

 

 

 

パートナーシップ 〜その4〜

ものごとの価値というのは価値観によって変化するものです。

 

反転すらします。

 

例えば、東へ東へと進んだ人は、

東へ進もうとしている人にとっては先駆者ですが、

西へ進もうとしている人にとっては出遅れている人です。

 

重要なのは、どちらかが偉いというわけではないということ。

 

ただ極性が違うだけということです。

 

極性の違いだけではない、普遍的なレベルの差というのもあるにはありますが。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

昨日、私が書いた記事「パートナーシップ 〜その3〜」での話し合いは、

話し合いというより私が美紀さんに何かを教えるような形になっていますが

(普段の話し合いはもっと話し合いらしい話し合いです。)、

それはただ単に私の方が先に進んでいるテーマについての話し合いだったから

そういう形になっただけであって、

そこに上下関係はありません

 

というより、パートナーシップにおいて、どちらかがどちらかに何かを教える事になる場合、

そのことは注意が必要なポイントになります。

 

一般的には、教える方がより進んでいる人だから上、

教わる方が進み方が遅れている人だから下という上下関係が出来がちです。

 

しかし、進み具合を客観的に評価するだけならいいですが、

それが日常的な上下関係になるのは適切ではないように感じられます。

 

というより、先ほども書いたように、ものごとの価値というのは価値観によって変化します。

 

それは、上だと思っていたものが下になり、下だと思っていたものが上になることもあるということ。

 

本来であれば日常的な上下関係になり得ないはずです。

 

それなのにもし日常的な上下関係になるとすれば、

それは一度自分の優位性を感じた者が無意識的に自分の優位性を守ろうとして

価値基準の変化による価値の反転に抵抗しようとするからです

 

対等なパートナーシップにおいてどちらかがどちらかに何かを教える場合、

その自分の優位性を守ろうとする無意識的な抵抗が発動しないようにするのが

教える側の課題になります

 

 

 

ちなみにもちろんそもそも、

これらの話はその教えている内容が適切であるという前提での話ですが。